聖優会館(SEIYU KAIKAN)LOGO    本部(加古川)/播磨町支部/高砂支部 練習会最中 TEL:06-6882-7781 FAX:06-6356-4013 見学・練習生随時受付中! お問い合わせはこちら
 

聖優会館(拳法道場) >> 活動状況(昇級昇段試験)

main-head
 
活動分類
聖優会館練習 支部合同練習 聖優会館年少部大会 正武会館主催大会
昇級昇段試験 白蓮会館杉原正康館長還暦祝 石黒館長の誕生日お祝い 第28回全日本拳武道選手権大会
2018年度WKO世界組手連盟年少部大会


2013年春季昇級昇段審査結果
2013年4月13日(土)19:00〜(本部道場)
<館長のコメント>  今回の審査で強く感じた事は、技ができる以前のことができていない、そして言われないと準備運動をしない指示待ちの拳士が多いことです。これは指導する側にも課題となります。道場へ入る際には荷物を下へ置いて礼をする、審査や試合の時には中にシャツを着ない(女子は別)等のごく当たり前のことを理解していない事が顕在化していました。他のスポーツでいえばゴルフは審判がいないので、自己申告がすべてであり、他のプレーヤーに迷惑をかけない等マナーを学ぶ重要性があります。我々のしている事は格闘技の前に武道であり、その精神を学ぶことが強さよりも優先します。黒帯になれば強さに加えてその品格も問われます。今回は技術的には向上の見られた拳士も居ましたが、全体的には基本という観点からいうとまだまだ甘いと言えます。この審査をキッカケに拳士の奮起を期待します。
No 受審者氏名 受審資格 結果 No 受審者氏名 受審資格 結果
1 瀬戸 美由紀 八級 合格 7 久本 匠海 五級 合格
2 丸山 尭弘 八級 合格 8 青木 秀統 五級 合格
3 中村 慎也 八級 合格 9 大? 悠生 五級 合格
4 田中 龍生 八級 合格 10 高松 愁 四級 合格
5 大? 啓叶 七級 合格 11 藤原 博 三級 合格
6 久本 朋佳 五級 合格        
2012年秋季昇級昇段審査写真
写真をクリックすると拡大されます

2012年秋季昇級昇段審査01
2012年秋季昇級昇段審査01
2012年秋季昇級昇段審査03
2012年秋季昇級昇段審査04
2012年秋季昇級昇段審査05
2012年秋季昇級昇段審査06
2012年秋季昇級昇段審査07
2012年秋季昇級昇段審査08
2012年秋季昇級昇段審査09
2012年秋季昇級昇段審査10
2012年秋季昇級昇段審査11
2012年秋季昇級昇段審査12
2012年秋季昇級昇段審査13
2012年秋季昇級昇段審査14
2012年秋季昇級昇段審査15
2012年秋季昇級昇段審査16
2012年秋季昇級昇段審査17
2012年秋季昇級昇段審査18
2012年秋季昇級昇段審査19
2012年秋季昇級昇段審査20
2012年秋季昇級昇段審査21
2012年秋季昇級昇段審査22
2012年秋季昇級昇段審査23
2012年秋季昇級昇段審査24
2012年秋季昇級昇段審査25
2012年秋季昇級昇段審査26
2012年秋季昇級昇段審査27
2012年秋季昇級昇段審査28
2012年秋季昇級昇段審査29
2012年秋季昇級昇段審査30
2012年秋季昇級昇段審査31
2012年秋季昇級昇段審査32
2012年秋季昇級昇段審査33
2012年秋季昇級昇段審査34
2012年秋季昇級昇段審査35
2012年秋季昇級昇段審査36
2012年春季昇級昇段審査結果
2012年4月14日(土)19:00〜(本部道場)
<総評> 今回は参加人数がやや少なかったので、短時間での集中審査となりました。一人一人は下記に示しました通り、それぞれ向上が見られました。そして新たな課題として審査項目の見直しが急務であることも分かりました。今後とも皆で協力して聖優会館を創っていきましょう。また、今回の審査結果において以前から予告の通り山元 優貴を指導員補佐に任命することをお伝えします。
受審者 資格 結果 館長のコメント
林田 雄翔 八級 合格 運動センスが良く、自ら進んで練習する態度も見られる。好きこそ物の上手なれ、もっと拳法自体を好きになることが上達への近道である。
大? 啓叶 八級 合格 受け技に少し難がある。攻撃もワンパターンになりがちである。普段の練習でも自分の殻を打ち破るよう心掛けることが重要である。
西坂 匠真 八級 合格 技の習得度は水準以上にはある。スピードが伴えば大会でも充分通用するだろう。焦らず確実に進んでいくことが大事である。
大? 悠生 六級 合格 基本の際の姿勢(立ち方)の安定度にやや難がある。腰の安定が身に付けば上達も充分期待できる。姿勢(背中を伸ばす)に注意すること。
青木 秀統 六級 合格 突き・蹴りの際のバランスに難あり。腰の安定、背中を伸ばしてしっかり構えること。突き・蹴りは力まかせにならない様に気をつけること。
久本 朋佳 六級 合格 前回よりは練習の出席回数も増えたため突き・蹴りもしっかりしてきた。前傾姿勢になる癖が治ればもっと良くなる。
久本 匠海 六級 合格 突き・蹴りそのものは良いが、普段の練習態度の向上の方が重要である。他人から言われて動くのではなく、自発的な練習が要求される。
西坂 知紗 五級 合格 少し軸がぶれることがあるが、蹴りの伸びはスパーリングで時折黒帯にハイキックを決める程の伸びがある。突きもリーチを利かせること。
有川  伯 五級 合格 構えがすぐに乱れる癖がある。ガードがよく下がる。構えをキチンと出来るようになると基本の技に品格が出てくる。今後の課題である。
藤原 博 五級 合格 足捌きと突き・蹴り・受けを連動させることが今後要求される。少林寺拳法の基本をベースにしているので、その基本をマスターする必要がある。
山元 優貴 三級 合格 基本は背中を曲げずに構えられたら、合格点である。スパーリングでは下位の者に対してはもっと相手に技を出させて、それを捌いて返すことが要求される。相手の練習にもなり、自分の練習にもなる方法をとる。指導員補佐となったら、よく考えて練習に取り組むことが重要である。


写真をクリックすると拡大されます
2012年春季昇級昇段審査14
2012年春季昇級昇段審査01
2012年春季昇級昇段審査10
2012年春季昇級昇段審査11
2012年春季昇級昇段審査12
2012年春季昇級昇段審査07
2012年春季昇級昇段審査08
2012年春季昇級昇段審査09
2012年春季昇級昇段審査04
2012年春季昇級昇段審査05
2012年春季昇級昇段審査06
2012年春季昇級昇段審査15
2012年春季昇級昇段審査02
2012年春季昇級昇段審査03
2012年春季昇級昇段審査03
 

main-foot
 
サイトマップ | お問い合わせ | 組織概要
当ホームページに記載されている内容に関してのお問い合わせはinfo@seiyu-kaikan.infoにて受け付けております。
Copyright(c)2010 SEIYUKAIKAN. ALL Rights Reserved.